WORKS リノままの施行事例

マキシマル
所在地:渋谷区 / 間取り:1LDK→DOMA+1LDK / 専有面積:44.86m2
築年:昭和43年5月 / 工事費:755万円 / 家族構成:Couple

マキシマル

渋谷駅の近くでありながら、喧噪から少し離れた閑静な住宅街。
ダークウッド×ブラック×ホワイトを基調としたスタイリッシュなお部屋が完成しました。


アパレルの企画の仕事をされているお施主様。ヴインテージとモダンをミックスさせるブルックリンスタイルをモチーフに、リノベーションのヴィジョンを明確に描かれていました。


木材の色、金属や塗装、マッドブラックの質感、キッチンのタイル、、、、、
お話をきけばきくほど、細部にいたるまで数多くの拘りが伝わってきました。


「沢山のこだわりを全てつめこもう」


余分な要素をそぎ落とし、形態や色彩を最小限度まで突き詰めるのが「ミニマル」
ならばその逆。思いつく限り好きなもの/やりたいことを詰め込んだ「マキシマル」でいこう。そもそもモチーフにしたブルックリンスタイルもミックスカルチャーから生まれたものなのだから。


こうやって「マキシマル」というコンセプトが決まりました。


そんなこだわりポイントの一つがキッチンのタイル。
お施主様の拘りは、テーマや色味だけではなく、
タイルの形や大きさ、光具合といった細やかなところまで及びます。


悩みになやみ、工事も終盤に差し掛かる寸前、間取りまでできあがったお部屋をみてイメージが膨らみ、このタイルに決まりました。
時間が許す限り、何度も納得がいくまで考え抜いた結論でした。


ただ、拘りを詰め込めば詰め込むほど費用がかさんでしまうのも事実。
キッチン床にはタイルを使いたい!というお施主様。それでも、床にまでタイルを用いると予算を大幅にオーバーしてしまいます。


なんとしてでも理想通りのキッチンをつくってあげたい。
そこでご提案したのが見た目は陶器でできたタイルにそっくり、それでもコストを抑えられるフロアタイルを使うという選択肢。
ありとあらゆるフロアタイルのサンプルを取り寄せて選びました。


こうして完成したのが、見た目とコスト、機能性、すべてのバランスが取れたキッチンです。


もう一つの拘りはバスルーム。映画にでてくるような猫足のバスタブがあります。


リノベーションでは、まずバスルームの大きさや水栓の位置を基準にそこに入るバスタブを選んでいくのが定石。


でも今回は「どうしてもこの猫脚のバスタブを使いたい」というお施主様の想いから、順番を逆にしてバスタブに合わせたバスルームづくりを行いました。


洗うスペースを確保し、ドアの開き具合からバスタブを置く位置や水栓の位置などを調整。
ここまで細かな調整ができるのがリノベーションの良いところ。


こうして素敵なリラックススペースが完成しました!


他にも、趣味の自転車を置くスペースとして玄関に土間をつくったり、キッチンにガラスの仕切りをいれてみたり、、、、
数え切れないほどの拘りを存分につめこんでいきました。


工事開始から約二か月半。
全てのお部屋がスタイリッシュに、思い描いた以上の出来栄えとなりました。
細かなこだわりは完成した時に活きることを実感した瞬間でした。


「何もあきらめることなく全ての拘りをつめこんで本当によかった」
お施主様が理想通りのお部屋が完成した喜びから、涙ぐんでくれたことがなにより印象的でした。

お部屋に帰るのが楽しくなったと言ってくださったお施主様。
お友達を招いたり、好きなレコードを聴きリラックスしたりと、新しいお部屋での生活を満喫されているそう。

ライフスタイルが変わった際にはまたリノままにお越しくださるとのこと!
次はどんな拘りを聞かせてもらえるのか、それをどうやって一緒に作り上げようか、今から楽しみにしています。


MSリノベーターより

SPECIFICATION 仕様   リノベーションの仕様と工事費

SPECIFICATION
リノベーションの
仕様
BASIC

(養生費、解体費、電気工事、建具、配管工事、フローリング)

249万円
FACILITY

(在来浴室、システムキッチン(パナソニック))

186万円
MATERIAL

(カウンター(無垢集成材塗装)、木製窓、ロフト、タイル、壁塗装、クロス)

279万円
ACCESSORY

(水栓、ブラインド、タオルリング等アクセサリー、キッチン収納、)

41万円
AMOUNT
工事費総額
755万円
BEFORE AFTER
  • ALL LIST へ戻る
  • ALL LIST へ戻る

CONTACT

リノままのウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。リノベーション、サービスに関するお問い合わせはメールまたはお電話にてお問合わせください。

フォームでのお問合わせはこちら