社員インタビュー|大平 祐輔

お客様の暮らしをイメージしながら、1件1件に愛を込めて住まいづくりをしています!

  • 大平 祐輔
  • 大平 祐輔

    施工管理


    二級施工管理技士

  • これまではどんなお仕事をされてきましたか?
  • 元々は工務店で店舗の工事の施工管理の仕事をしていました。3年間働いていて感じたのは、内装を作っていく現場での仕事自体は自分に合っている!ということと、店舗の工事は少し物足りないなということ。大手のアパレルや美容室などのチェーン店を担当することが多かったこともあり、オーナーの一店舗ごとへの思い入れがあまりないような印象でした。せっかくつくったお店でも経営不振だとすぐに取り壊してしまうなど、店舗の入れ替えが激しいことも、少し虚しく感じるようになっていた理由の一つ。そこで興味を持ったのが、住宅のリノベーション。リノベーションの工事は、住むお客様が決まってから、その方たちのために設計して工事をしていきますよね。そしてお客様は、思い入れのあるオリジナルの家に何年も住まわれます。その点でリノベーションは、誰が住むかわからない家をつくるのとは訳が違います。そこに住むお客様の顔を思い浮かべながら工事をし、お引き渡しの時には、お客様からのリアクションが返ってくるというところがとても新鮮で、やりがいを感じています。
  • 他社のリノベーション会社でもお仕事されていたという大平さん。リノままならではの特徴は?
  • 社員インタビュー|大平 祐輔 いちばん感じるのは、お客様と接する時間が長いことですね。以前の職場では、担当する案件が多く一つの住まいかける時間は、今よりも少なかったです。リノままは少数精鋭で、じっくりとお客様と向き合って住まいづくりをしていくので、1件1件に愛を込めて仕事ができます!工事の段階に入っても、お客様と現場でお話したりご相談を受けたりする機会が増えました。「お客様のために」という漠然としたイメージではなく、実際に新しい住まいで暮らされる「〇〇様のために」という想いで仕事できるので、今まで以上に「頑張ろう!」という気持ちになります。特に、工事前にお客様とお会いするときは、お客様のわくわくした気持ちや熱意を直に感じることができるので、自分自身だけでなく現場の職人さんたちのモチベーションにもつながります。工事が終わってお引き渡しした後も、お客様との関係が続いていくので、暮らしに寄り添った住まいづくりをできるところがリノベーションの魅力だなと感じています。
  • 普段はどういったことを意識してお仕事をしていますか?
  • 社員インタビュー|大平 祐輔 お客様が住み始めてからの暮らしやすさや使い勝手を汲み取ることですかね。以前、自分自身の経験が浅い頃に、「どうしてこうなっているんだろう?」という図面について設計担当に質問したところ、「主婦にとってはこのほうが使い勝手がいい」と説明を受けて、「なるほど!」と腑に落ちたことがありました。さりげない工夫やアイデアが住み心地を良くすることがあるというのを知ってから、自分もお客様の目線で現場をみる意識をしています。「こうした方がいいのでは?」と思うことがあったら、設計に相談したりするなど、工事の現場ではよりお客様の感覚に近い人間として、目を配るよう心がけています。
  • いまの目標やこれからチャレンジしてみたいことなど
  • よりおおきい現場を経験したいということですね、特に戸建て。マンションの箱を越えて、防水工事とか白アリ対策とか、特殊で難しいケースが起こりうるのは戸建ての実情。いろいろなパターンをくらって、知識を増やしていきたいですね。リノままでは、今までの会社よりも自由に仕事ができると感じています。というのも、少数精鋭のチームなので、自分の熱意次第で「やってみたい」と手を挙げれば、仕事を任せてもらえるチャンスがあります。たくさん経験を積んで、どんなケースにも対応できる施工管理になることが目標!「お客様のご要望は断らない」、「現場での手作業はなんでもこなせる器用さ」が自分の強みだと思っているので、日々、お客様の要望に親身に応えられるよう、明るい施工管理でいたいと思っています!

サービスを“生み出す人”紹介

CONTACT

リノままのウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
リノベーション、サービスに関するお問い合わせはメールまたはお電話にてお問合わせください。
  • 相談してみる(無料)
  • 0120-992-155

page top