無垢の質感を楽しむなら、「乾式二重床工法」でキマリ。

無垢の質感を楽しむなら、「乾式二重床工法」でキマリ。

2013.6.11

“根太(ねだ)張り”と“直張り”とは?

フローリングを施工する場合、マンション管理規約で定める一定の遮音性能を必要とする場合があります。遮音性能を確保する方法は大きく分けると2つの方法があります。
1つはフローリングの材料特性として遮音性能を有するものを貼る方法で、クッション性のあるフローリングを床ズラブに直接貼りつける「直貼り工法」といいます。
もう1つは、床下地材で遮音を取る方法で、床スラブの上に防振ゴムの付いた金属性の足を用いて床を支える「乾式二重床工法」といいます。現在の多くのマンションで使用されているのは「乾式二重床工法」です。
乾式二重床工法は、配管や配線の自由度が高い上、歩行感が直貼り工法よりも優れています。
リノままでは無垢のフローリングを施工の場合、無垢の堅すぎず柔らかすぎない感触をいかすために乾式二重床工法をお勧めします。
*マンションごとに定める管理規約および使用細則に準じた施工を行います。

CONTACT

リノままのウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
リノベーション、サービスに関するお問い合わせはメールまたはお電話にてお問合わせください。
  • 相談してみる(無料)
  • 0120-992-155

page top