かっこよさを重視して巾木(はばき)を使わない装飾でいきましょう!

かっこよさを重視して巾木(はばき)を使わない装飾でいきましょう!

2013.6.11

巾木(はばき)とは、壁と床の入隅に施される横板のこと。壁とフローリングの間にできる隙間を隠す役割を持っています。素材は木製やビニル製などが一般で、40mm~300mmほどの高さがあります。マンションでポピュラーな収め方は”出巾木(ではばき)”。壁に張りつけるため、壁面よりも巾木の厚み分が出っ張った状態です。しかし「はがれてくる」「見栄えがよくない」という理由で、「巾木をなくしたい」という声も。その場合は、壁に”強化石膏(せっこう)ボード”を用いてフローリングの厚さ分浮かして施工することで、損傷防止やフローリングの収縮による隙間をカバーすることも可能。壁の塗装を楽しむなら、「巾木なし」がリノまま流です。

CONTACT

リノままのウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
リノベーション、サービスに関するお問い合わせはメールまたはお電話にてお問合わせください。
  • 相談してみる(無料)
  • 0120-992-155

page top