【親の住まいのリノベーション】所有者によっては贈与税の対象になってしまうことも!スムーズに進めるためには?

【親の住まいのリノベーション】所有者によっては贈与税の対象になってしまうことも!スムーズに進めるためには?

2020.7.5


>リノベーション事例「和・Gallery」|リノまま

「親が住んでる家が広すぎるから、私たち家族が引っ越そうかな?」

「親がもってる古い物件、もし私たちが住むならリノベーションしたいな」

暮らし方や家族のカタチが変わったら、住まいも生活に合わせてリノベーションしたいですよね。

でも、意外と知らないお金や手続きのこと、本当はもっと自分たちに合ったお引越しの仕方があるかも?

ここでは、親がもっている物件をリノベーションする際のローンに関する注意点をお話ししていきます。

 


目次

1 物件の所有者は誰?ローンを組むときの注意点

2 売却して買い替えたほうがよい?

 


 

1. 物件の所有者は誰?ローンを組むときの注意点


>リノベーション事例「家族時間」|リノまま

まず要注意なのは「リノベーション費用をだれが出すか」という点。

物件の所有者が親御さんで、その子どもであるお客様がリノベ費を出す、なんて場合は実は住宅ローンが使えません。

「住宅ローン」は対象となる物件に「抵当権」を設定することで、安く長くお金が借りられます。

この場合、そもそも物件は自分の持ち物ではないですし、親とはいえ他人の持ち物に勝手に「抵当権」を設定することはできません。

おまけにこのケースではリノベ費が「子どもから親への贈与」とみなされて贈与税がかかる可能性まであるのです。

贈与にならないように、住宅ローンが使えるように、物件そのものを親子の共同所有の名義にしてからリノベーションする、といった対応が必要です。

リノままではそういった手続きも含めて、スムーズに進められるように、お手伝いしますので、ご安心くださいませ。

 

また、極端に古い物件では担保価値がない、とみなされて住宅ローンが使いづらいケースもございます。

その場合、金利1%台と安くて使いやすいリフォームローンもご案内していますので、お気軽にご相談くださいね。

 

2. 売却して買い替えたほうがよい?


>リノベーション事例「北欧と暮らす」|リノまま

お持ちの住まいのリノベーションや、親御さんが持っている古い物件のリノベーション、その他、相続した物件にリノベーションして住む、といった際には、「もしかしたら売却して新しい住まいに買い替えた方がよいかも」なんて思いがつきものです。

リノままを運営する東京テアトルでは、中古マンションの買取もおこなっております。もし、古いマンションをお持ちのお客様であれば「古い住まいにリノベーションして住む」「古い住まいを売却して、新たな住まいを購入してリノベーションして住む」どちらがより自分たちに適しているか、をシミュレーションして検討していただくことが可能です。

リノベーションしたらどのくらいお金がかかるか、売却したらいくらならば売れそうか、いつまでにお金にかえられればよいか、なんてことをお伝えします。

 

「売却+物件探し+リノベーション」で進めることになった場合も古いお住まいの売却も含めて全てワンストップでスムーズに進めることができますので、お気軽にご相談ください。

 


関連記事

〇親がもってる古い物件、長く住んでた今の住まい、これからどうしよう?

親がもってる古い物件、長く住んでた今の住まい、これからどうしよう?
リノベ―ションする?売却する?売却したら次の住まいを購入する?
・長く住んで老朽化してきた住まい、子供も独立して今の自分たちの生活とはミスマッチ。
・親からもらった住まい、結婚してからそこに住んでるけど子供が生まれたら手狭になってきた。
などなど、「長く持っていた住まい」の未来の悩みはつきません。
選択肢や考え方はさまざま。一度頭の中を整理してみましょう。

〇今のお住まいや親がもってる古い住まいをリノベーション ~お金に関する注意点!~

今のお住まいをリノベーションしたい、さて、その資金はどこから出しますか?
ローンを使いたい、でもリフォームローンは金利が高いからどうしよう、
なんて悩んでいる方はいませんか?
実は不動産の購入を伴わないお住まいの「リノベーションのみ」でも
住宅ローンが使える場合があるのです。

〇築10年、築20年・・・築50年も、全部同じ「中古マンション」 どのくらい古い物件までアリ?

「中古を買って、リノベーション」で物件探しをはじめる前に
「まず」知っておくべきことは「古い物件って本当に大丈夫?」
「どうやって良い物件を見極めるの?」ってことと、
「本当にこんなに多くのお金をかけてよいの?」
「いろんな費用も含めて毎月いくら払うことになるの」ってこと。
「古い物件の見極め方」についてのお話です。

 

CONTACT

リノままのウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
リノベーション、サービスに関するお問い合わせはメールまたはお電話にてお問合わせください。
  • 相談してみる(無料)
  • 0120-992-155

page top