リノべアイテム紹介 <無垢フローリング>

リノべアイテム紹介 <無垢フローリング>

2019.7.28

 
>リノベーション事例「高さで繋ぐ。」|リノまま

リノベ-ションでよく使われるアイテムとして無垢材のフローリングがあります。

無垢フローリングは、新築マンションでよく使用される合板フローリングやシートフローリングなどとどのようなちがいがあるのでしょうか?

無垢フローリングを活かしたリノベーション事例と合わせてご紹介していきます。

 


目次

1 無垢フローリングと合板フローリングの違いとは

2 無垢フローリングの特徴

3 無垢フローリングを活かした事例

 〇リノベーション事例「ミニマルで豊かな家」

 〇リノベーション事例「自由で等身大な暮らし」

 〇リノベーション事例「高さで繋ぐ。」

4 メンテナンスについて

5 まとめ

 


 

1. 無垢フローリングと合板フローリングの違いとは

一般的に「フローリング」といった場合は、木材を薄く(0.3ミリ程度)スライスした突き板を基材と呼ばれる合板材に貼り付けた合板フローリング(単板フローリング、複合フローリングとも)を指す場合が多いですが、
無垢フローリングの場合は、フローリングそのものがひとつの木材が作られています。

<フローリング断面図>


>無垢フローリングの短所・長所、メンテナンスについて。|ユキさんのリフォーム業務日誌

無垢フローリングは材の厚みがある分、その樹種本来の質感、色味、重量感、木の香りなどが感じられ、
木ならではの柔らかな肌触りを持っています。

また、無垢フローリングは、調湿性が高く、熱伝導率が低いため、夏は湿気でべとつかないサラサラした感触を楽しむことができ、
冬は足から熱が奪われることが少ないなど、快適さという点でも大きな魅力を持っています。

 

新築マンションでは、不特定多数の購入者の平均的な好みに合わせる、住戸毎に木目の柄の違いなどがなるべく出ないようにする、コストを抑えるなどの理由から、
合板フローリングやオレフィンシートに木目柄を印刷したシートフローリングなどが主流となっています。

自分の好みで空間をデザインできるリノベーションの場合は、新築マンションのような配慮は要らないので、
本物の木の良さが楽しめる無垢フローリングを選ぶ人が多いのでしょう。

 

2. 無垢フローリングの特徴


>リノベーション事例「こだわりの家」|リノまま

経年で変化する味わいが楽しめるのも無垢フローリングの特徴です。

住んでいる間についた傷や摩擦による傷みなども、逆に味わいとなって、自分が住んだ住まいへの愛着となります。

厚みのある無垢材ならではの時間が生み出す付加価値といえるでしょう。

薄い突き板を張った合板フローリングの場合は、表面の突き板が劣化した場合は、
突き板そのものが剥がれてきて下の合板の基材が見えてきてしまい、経年の劣化だけが目立つことになります。

 

また、さまざまな木のテクスチャーや表情が選べるのも無垢フローリングの魅力。

使い込まれたアンティークの味わいを持ったもの、無塗装のマットな質感のもの、
うづくリとよばれる表面に凹凸の加工を施したものなど、これらも厚みのある無垢材ではないと出せない味わいです。


>オーク125幅 ブラシ仕上げ|NISSIN EX.

ジーンズと同じような感覚でしょうか。

しっかりした本物の素材であれば、新品の時から経年で徐々に素材そのものが変化してきた時まで、
さまざまな表情や感触を楽しむことができます。

 

3. 無垢フローリングを活かした事例

本物の天然木の無垢フローリングは、スタイルによらず、空間のグレードを間違いなくアップさせてくれます。

リノままのリノベーション事例でもたくさんのテイストに無垢のフローリングが使われています。

特徴的なものをいくつかご紹介します。

 

〇リノベーション事例「ミニマルで豊かな家」

リビングには使ったのはオークのフローリング。

白い壁とあわせた上品なミニマルスタイルです。

 

壁は塗装風の白いクロスを使い、廊下に沿って棚を1本通すと、まるでアトリエのような空間となりました。

広い空間を仕切ることなく、回遊路のある間取り。

ダイニング側~玄関までの床はすべてモルタル仕上げにすることで、
リビングとの空間の境目を表現しています。

 

〇リノベーション事例「自由で等身大な暮らし」

コンクリートの打ちっ放しの天井と足場板を用いたフローリングが印象的なリビング。

杉の無垢材を足場板の古材風に加工しています。

無垢材のフローリングは裸足で過ごしたくなる、というのはよく言われること。

このお部屋では特にやわらかな肌触りの杉を使用しています。

杉材は傷がつきやすい、でもやわらかくてあたたかみがある。

小さな傷を気にするよりも素材の感触を楽しみたい、そんな想いからの選択でした。

通常のフローリング材は板の縁に「サネ」と呼ばれる凹凸があり、パズルのように組み合わせながら床に貼っていきます。

一方、足場板はその名の通り工事現場などで足場として使われるもので、板を切っただけの武骨な仕上げなので「サネ」と呼ばれる凹凸の加工がありません。

こうした素材では板が反りやすくなってしまいます。

そこで一枚一枚フローリング板の四隅を床にビス留めする、という手間を加えることで床の反りを防いでいるのです。

一見シンプルに見える空間ですがそこで長く、心地よく暮らすためのちょっとした拘りです。 

 

〇リノベーション事例「高さで繋ぐ。」

リビングのフローリングも素敵なのですが、このご自宅で特に魅力的なのは玄関土間の床。

玄関入って左側と右側でフローリングの貼り方が異なります。

右側のオークのフローリングは、ヘリンボーンと呼ばれる模様になっています。

柄が魚の骨の形に似ていることから、英語で「ニシン(herring)の骨(bone)」と呼ばれています。

また、もうひとつのポイントは「上り框(あがりかまち)」とよばれる段差の上端。

この部分に6mmの鉄板をいれてスタイリッシュに仕上げています。

年月を経てこの鉄板がさびていくと色味が変わって味がでてくる、という設計士こだわりのアイデアです。

 

その他、海外の事例では、無垢フローリングに同じ経年の味わいのあるアンティーク家具をあわせたシャビーシックなインテリア、
レンガや金属などとあわせたブルックリン風のレトロ・インダストリアルなインテリアなども素敵ですね。

 

床が決まれば、インテリアは決まります。空間の印象にとって、床は最も大事な存在といっても過言ではありません。

 

4. メンテナンスについて

木は水分に弱いので日常のメンテンンスはカラ拭きが基本です。

無塗装の無垢フローリングは保護や汚れ防止のために定期的なオイル塗装が推奨されています。

ウレタン塗装のものは日常のカラ拭きで十分です。

 

4. まとめ

最後に何点か留意点を。

直床工法の場合、一般的な合板フローリングの場合は、基材の部分に遮音材が設けてあるなど、
フローリング自体が遮音性を持った作りになっています。

直床で無垢フローリングを使う場合は、別途、床に遮音材を敷くなどの遮音対策をする必要があります。

 

また、無垢フローリングは、反りや隙間が生まれやすいということを留意しておく必要があります。

特に床暖房のあるマンションの場合は、床の温度変化によって、反りや隙間ができやすくなります。

反りや隙間も味わいのうちと割り切って住まうのもひとつの手ですが、
なるべく避けたい場合は、床暖房対応の無垢フローリングを選ぶという選択肢があります。

ただし、無垢といっても特殊加工している商品ですので、実際の質感を確かめてから選ぶと間違いないでしょう。

価格はどうしてもやや高くなってしまいます。

反対に、反りや隙間の心配が少ない、
無垢に近い質感を持った挽き板と呼ばれる鋸で挽いた厚みをもったの板(2~3ミリ)を張った合板フローリングにする、
という選択も考えられます。

 

CONTACT

リノままのウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
リノベーション、サービスに関するお問い合わせはメールまたはお電話にてお問合わせください。
  • 相談してみる(無料)
  • 0120-992-155

page top