ながく愛でる

専有面積:

55.2m2

築年:

1978年築

所在地:

品川区

家族構成:

couple

費用:

911万円

ながく愛でる
ながく愛でる
ながく愛でる
ながく愛でる
ながく愛でる
ながく愛でる
ながく愛でる
ながく愛でる
ながく愛でる
ながく愛でる
ながく愛でる
ながく愛でる

Outline

Story

朝起きると鳥の鳴き声がきこえてくる。
公園の木々を臨めるお部屋で気持ちがいい空間ができあがりました。

公園の目の前に建つこのマンション。
窓から見える景色とロケーションに一目ぼれ。

建築の設計をしているお施主様のこだわりをたくさん詰め込み
リノベーションがスタートしました。

リビングの天井の高さを確保するため、天井の躯体あらわしに塗装仕上げ。
巾木はなくして、すっきりとした印象に。
キッチン前の腰壁はラワン合板にオスモオイルの塗装をしています。

『笠木の"チリ"とラワン合板の仕上げ面がフラットになるように』
『タイルを貼る箇所の出隅部分は勝ち負けをどうする』

などなど、ディティールにもこだわりました。

寝室はベッドが入るぎりぎりの寸法にしていますが
将来家族が増えても対応できるように入口をふたつ設け
分割できるようになっています。

こだわりの部分は廊下にも。
ドアは枠のないものを採用し、壁と同じ濃いグレーで仕上げて存在感を極力なくす。
収納ドアの取手も目立たないものを探して、DIYで自ら取り付けをしています。
照明にもこだわり光源が見えないコニック型のダウンライト。
濃いグレーの塗装と意図的に低くした天井で圧迫感を出すことで
リビングに入った時の空間の広がりを演出しています。

ご主人様が趣味で収集している家具もとても良い雰囲気を醸し出しています。
イームズのサイドシェルチェアDSR、アルネ・ヤコブセンのアントチェア。
柳宗理のバタフライスツールなど、たくさんの人々にながく愛されている家具をセレクトしています。
質の良いもの、良いデザインのものをながく大切に使う。
ながく愛でながら大切に暮らす。
そんな素敵なお部屋です。

MSリノベーターより

Price

  • 基礎工事

    (養生費、解体費、電気工事、建具、配管工事、フローリング)

    359万円

  • 住宅設備機器

    (ユニットバス・キッチン設備・造作洗面台)

    278万円

  • 材料費

    (キッチンカウンター塗装、タイル、壁塗装、クロス)

    212万円

  • 収納・造作工事

    (キーボード収納家具、タオルリング等アクセサリー、コニック型ダウンライト、ライティングレール)

    62万円

工事費総額(税込)

911万円

※工事費は竣工時点の税込額となっています。

オススメの関連事例