住まいづくり STORY ~S 様の場合~ 【リノベーション編vol.3】もとの物件の課題と、間取りの工夫をより具体的に

住まいづくり STORY ~S 様の場合~ 【リノベーション編vol.3】もとの物件の課題と、間取りの工夫をより具体的に

公開日:2022.8.18 

新築ではなく「中古物件を買って、リノベーション」を選んだご家族。
自分らしい暮らしって?住まいに求めているものってなに?
物件探しとリノベーションを通して、一つひとつ見つけていく過程をご紹介します。

今回の主人公は、近日中に入籍予定のS様カップル。
一緒にお住まいだった賃貸住宅の更新に間に合うように、新居を探されていました。

―――――――――――――――――――

S様プロフィール
30代と20代の婚約中のおふたり
勤務地はそれぞれ、池袋と中野

―――――――――――――――――――

【物件探し編vol.1~5】では、リノままに依頼を決めたきっかけから、最終的に購入した物件に出会うまでをご紹介しました。
物件の条件を整理したり、実際に見学したり、改めて優先順位を見直したり…。
そうして2021年1月、運命的に出会った物件の購入契約に至ったおふたり。
前後して入籍も済ませ、新婚さんとなってリノベーションの打合せにのぞみました。

◯前回のお話
【リノベーション編vol.2】お客様と設計担当のセッション!+アイデアでさらに楽しく


 

前回は、ラフプランをもとにリノベーションのディテールをカタチにしてく過程をご紹介しました。
S様の希望に設計担当・李の知見とアイデアが盛り込まれ、セッションのようにつくり上げるリノベーション。
ほぼファーストプランで打合せが進められましたが、ここで、もとの物件の課題を振り返ってみましょう。
前述したように角部屋で3面採光、2面をバルコニーで囲んだ恵まれた環境が、物件の最大のメリットです。

しかし、玄関が狭く、入って右側にシューズクローゼットがあるものの、かなり窮屈です。
玄関から正面の扉の奥が壁になっているため風通しも悪く、窓からの光も遮ってしまっています。
これでは、帰宅後の動線もスムーズでなく、慌ただしい朝は玄関で渋滞が起こりそう…。

リビングは和室とつながってはいるものの壁が多く、広々とは程遠い印象。
キッチンも半個室で壁付けのため、閉塞感があることが課題でした。

 

 
> before写真

リノベーションにあたっての、S様のいちばんの優先事項は「快適性」。
「家で気持ちよく、ストレスフリーに過ごせることを第一に設計しました」と李。

まず、リビングダイニングは大きな掃き出し窓をいかして、オープンにつなげました。
個室に挟まれた配置ではありますが、室内窓を設けたため自然光を遮ることなく、明るく過ごせます。
導線をスムーズにするため、扉は設けず回遊路のようなつくりに。
ワンルームをゆるく仕切った個室があるような感覚で、各室へ動きやすくなっています。

 

水まわりにも、スペースを有効活用する工夫がいっぱいです。
S様からのご要望は「夫婦で朝の出勤時間が同じなので、支度時にバタバタしないようにしたい」。

「洗面台については、実験シンク&無垢材カウンターのいわゆる『リノベっぽい洗面台』を当初考えていましたが、李さんにパナソニックのラシスをご提案いただき、結果として見た目・機能ともに大満足の洗面室に」とS様。
ふたりで並んでも使ってもゆとりのある大きな洗面台と、その下にも収納たっぷりです。


> after写真

また、洗面台だけでなく、お風呂も大きめサイズを入れたいというご要望をお持ちだったS様。
しかし、廊下に十分な幅をキープするとなると、大きいサイズのユニットバスが入りません。

そこで李が考えたのが、廊下に「ななめ壁」を設けるアイデアでした。
これにより、お風呂の洗い場をゆったり確保でき、玄関ホール側のスペースも広々。

 

  

言われないと気付かないほどさりげない工夫ですが、この壁ひとつで暮らしやすさが格段に変わるんです!
さらに、玄関については、実は当初、S様から「(将来の子育てを想定して)バギーが置ける土間収納が欲しい」との要望がありました。
これについては、そのまま土間を設けたのでは、バスルームと居室のスペースを圧迫してしまいます。

「こちらの物件の場合は、玄関前にポーチがゆったりと設けられているため、バギー等はここに置けるのでは、とお話ししました」と李。
玄関まわりの収納はパイプスペース(PS=配管を収める空間)を上手く利用し、シューズインクローゼットを新設してクリア。

もし、「土間」という名目だけにこだわっていたら、選べる物件も限定されて、費用も余分にかかってしまったはず。
目的は「土間をつくること」ではなく「玄関まわりに置きたいものが置ける、充分な収納があること」。
「理想の暮らしを実現する」ということを、いつもリノベーションの真ん中に置いているのが分かります。

 

↓次回へ続く
【リノベーション編vol.4】「一生住める家 = 家族とともに変化できる家!」 は、8/25(木)18時頃公開予定!

 


 

▼完成したS様ご夫婦の施工事例

リノベーション事例「Time for us」

 

関連記事

◯快適に暮らす工夫 ~収納編1~「散らかってる部屋」って実はリノベアイデアの宝庫!?】

今日は家が散かりがちなあなたに向けて収納づくりのコツをお届けします。
第1回目はとても大切な現状の把握。
「今」のお家の収納の「量」と「質」を知るためのお話です。

〇壁をデザインする ~いろんなアイデア編~

上手く向き合って飾ったり、収納したり、アクセントにしたりして
「ただの壁」だけではなく、工夫することで「意味のある壁」を作ってみるととても素敵です。
いろいろ壁にものをつけたり、デコレーションしたりするのは全体のイメージにも関わるもの。
「下地が必要」など、プランニングにも影響することもありますので、是非プランニングの前に参考にして頂けると良いです!

〇在宅ワークがはかどる!コロナ禍以降のワークスペースの作り方とは?

在宅ワークに必要なのは、リビングにあるワークスペース?
それとも完全個室の書斎?!
お客様が今どのようなワークスペースを求めているか、
現在進行形のお客様のリノベーション事例を通して
最新のリノベアイデアをお伝えしていきたいと思います。

CONTACT

リノままのウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
リノベーション、サービスに関するお問い合わせはメールまたはお電話にてお問合わせください。
  • 相談してみる(無料)
  • 0120-992-155

page top