住まいづくり STORY ~S 様の場合~ 【リノベーション編vol.4】「一生住める家 = 家族とともに変化できる家!」

住まいづくり STORY ~S 様の場合~ 【リノベーション編vol.4】「一生住める家 = 家族とともに変化できる家!」

公開日:2022.8.25 

新築ではなく「中古物件を買って、リノベーション」を選んだご家族。
自分らしい暮らしって?住まいに求めているものってなに?
物件探しとリノベーションを通して、一つひとつ見つけていく過程をご紹介します。

今回の主人公は、近日中に入籍予定のS様カップル。
一緒にお住まいだった賃貸住宅の更新に間に合うように、新居を探されていました。

―――――――――――――――――――

S様プロフィール
30代と20代の婚約中のおふたり
勤務地はそれぞれ、池袋と中野

―――――――――――――――――――

【物件探し編vol.1~5】では、リノままに依頼を決めたきっかけから、最終的に購入した物件に出会うまでをご紹介しました。
物件の条件を整理したり、実際に見学したり、改めて優先順位を見直したり…。
そうして2021年1月、運命的に出会った物件の購入契約に至ったおふたり。
前後して入籍も済ませ、新婚さんとなってリノベーションの打合せにのぞみました。

◯前回のお話
【リノベーション編vol.3】もとの物件の課題と、間取りの工夫をより具体的に


 

もとの物件の課題を解決しつつ、良さを最大限に引き出す間取りの工夫について触れた前回。
ななめ壁を設けることで、「洗面台とお風呂を広く、かつ玄関もゆったり」という要望もクリアしました。

さて、大きなテーマであった、将来的な子ども部屋2つの確保はどのようにするのでしょうか?
今回はそのことに触れつつ、再度ワンストップの意義に立ち戻ってみたいと思います。

リノベーション後の間取りは2LDKで、LDKを個室2つではさむような配置です。
間取りの真ん中とはいえ掃き出し窓と、もう一方のバルコニー側の個室との間にある室内窓で、明るく開放感のあるLDKを実現しました。

バルコニー側の個室は、書斎とWICも併設した窓3つ分のスペースで、今はここを寝室として使います。
将来的には、玄関側の個室を主寝室とし、ここを子ども部屋と使うことも視野に入れています。
さらにお子様が2人になったら、部屋に間仕切りを入れてセパレートできるように、下地を準備しました。


> after写真

若いご夫婦にとって、これから長く住める家とは、「家族と一緒に変化できる家」。
必要なときには手を加えながら、年々思い入れのある住まいに育っていくように。
家族に寄り添える住まいの土台をつくりたい」と話す李でした。

また、物件の良さを生かすことがリノベ成功のカギだからこそ、物件探しと設計の連携も欠かせないポイント。
実現したい暮らしやリノベを前提に物件を探す物件担当の秋山と、設計担当の李。
リノままでは同じオフィス内で、物件探しの段階から、お互いに情報共有をしながら進めていました。

例えば「無垢材の床を採用したい」というS様の希望に対し、置床の物件をメインに探すことを秋山に提案していたという李。
既存の床を残せることでコストダウンにつながり、リノベーションでできることがひろがりました。

さらに、工事が始まってからも、今度はリノままの施工管理×設計担当の連携が行われています。
というのもリノベの工事現場では、スケルトン状態にしてみて初めて分かることも多いもの。
設計担当が状況を把握し、こまめな軌道修正を加えつつ完成を迎えるからこそ、納得のいく仕上がりになるのです。


物件担当の秋山


設計担当の李


施工管理の細川

 

 

↓次回へ続く
【リノベーション編vol.5】「とにかく生活することが楽しい!」キッチンに立つたびにニッコリ♪は、9/1(木)18時頃公開予定!

 


 

▼完成したS様ご夫婦の施工事例

リノベーション事例「Time for us」

 

関連記事

◯快適に暮らす工夫 ~収納編2~ 「こうしたい!」は自分にしかわからない!設計者にうまく伝えるためのコツ

今日は家が散かりがちなあなたに向けて収納づくりのコツをお届けします。
必要な収納量から導き出される間取りを考えていく準備を始めましょう!

〇壁をデザインする ~壁紙編~

壁を活かしてデザインにしたい、インテリアの雰囲気を変えたい。
そんなときに一番身近なのは壁紙。
私が使ってみて面白かった壁紙などをご紹介していきます!

〇在宅ワークがはかどる!コロナ禍以降のワークスペースの作り方とは?

在宅ワークに必要なのは、リビングにあるワークスペース?
それとも完全個室の書斎?!
お客様が今どのようなワークスペースを求めているか、
現在進行形のお客様のリノベーション事例を通して
最新のリノベアイデアをお伝えしていきたいと思います。

CONTACT

リノままのウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
リノベーション、サービスに関するお問い合わせはメールまたはお電話にてお問合わせください。
  • 相談してみる(無料)
  • 0120-992-155

page top