本当にスケルトンにする必要ある?もっとリノベ費用を節約できない? プロだからこそできる「セミスケルトンリノベーションとは?」

本当にスケルトンにする必要ある?もっとリノベ費用を節約できない? プロだからこそできる「セミスケルトンリノベーションとは?」

公開日:2021.7.8 


>リノベーション事例「“家族思い”な快適ハウス」|リノまま

ひと昔前と比べて、「リノベーション」という言葉がかなり一般的になってきました。

とはいえ、一口で「リノベーション」といっても内容は様々。

よく言われる「フルリノベーション=お住まいの内装を全面的に改装」「部分リノベーション=水回りだけ、リビングだけ、など気になる部分に絞って改装」だけではありません。

多くの方が「フルリノベーション」と呼んでいるものでも実は定義が曖昧。

業者によって内容は大きく変わってきます。

内容が違えば必要なリノベ費用も違う、内容が違えばその後の「安心度」も違う、というのは当然のこと。

 

いざリノベーションを検討したい!というあなた。

具体的に相談を始める前に色々な「フルリノベーション」について頭にいれておきましょう。

自分たちにとって「ちょうどいい」リノベーションのあり方をみつけて、リノベ費用にもメリハリをつけましょう!

 


目次

1 「フルリノベーション」といってもこんなに違う?!

2 リノベーションにメリハリを!本物のプロにしかできない「セミスケルトンリノベーション」とは?

3 まとめ


 

1. 「フルリノベーション」といってもこんなに違う?!


>リノベーション事例「リノベをめぐるスタイリッシュな冒険」|リノまま

室内の目に見えるもの、手に取れるものが全部新品、まるで新築みたい!そんなリノベーションは広く「フルリノベーション」と呼ばれます。

「目に見えるものは新しくなっている」けれど「目に見えないところはどうなってるの?」というのがポイント。

① 「表層リノベーション」
目に見えるもの「だけ」を全て新しく
→キッチン、お風呂、洗面、トイレといった住宅設備機器は新品に交換。
床のフローリングを貼り換え、壁のクロスを貼り換え等

これはいわゆる「表層リノベーション」。

目に見えるもの「だけ」を新しくしているので、目に見えない箇所、床の下地、壁の下地といったフローリングやクロスをはがした跡の箇所は古いまま。

配管や電気配線についても元の古いままになっています。

間仕切り壁も元の壁の表面を貼りかえるだけ、というケースが多いので、間取りもほぼ元のままです。

 

こういった「表層リノベーション」の最大のメリットは「費用がおさえられること」です。

一方で配管や電気配線は古いままにしている点がデメリット。

この先長く暮らしていく上ではどこかで配管や電気配線の老朽化への対応が必要になります。

配管や電気配線の老朽化を放置してしまうと漏水や漏電といったトラブルに見舞われる可能性もあるので注意が必要です。


お買い得な「リノベーション済みマンション」を見つけたときに、その工事内容をチェックしてみると、こういった「表層リノベーション」だけをおこなっているケースがしばしばあります。

同様にとても安い「リノベーション定額パック」なんてのも内容を細かくみていくと「表層リノベーション」だった、なんてケースもあります。

比較的築年数の新しい物件であれば、こういった「表層リノベーション」もアリですが、築30年前後を超えるような、そろそろ配管の寿命が近い物件の「表層リノベーション」に飛びついてしまうと、買ったはいいけど、すぐにまたまた工事しないといけなくなった、なんてことになりかねません。

 

② 「スケルトンリノベーション」
目に見えないところも含めて全て新しく
→お住まいの内装を一旦全て壊してスケルトン状態に!
マンションの場合は「コンクリートの箱」状態になってそこから内装を全て作り直し。
そのため、間取りも一新、住宅設備機器のみならず、配管や電気配線、床や壁の下地含めて全てが新品になります。


これがいわゆる「スケルトンリノベーション」。

内装と呼ばれるものは全て作り直します。

こういった「スケルトンリノベーション」の最大のデメリットは「費用がかさむこと」です。

今あるものの表面をとりかえるだけの「表層リノベーション」と異なり、

1 まずは今ある内装を全て壊す
2 壊した際の廃材を捨てる
3 ゼロからあたらしく内装をつくりなおす

ということになるので、そもそもの工事の工程が多くなります。

当然使用する資材も多くなりますし、関わる職人さんの人数や日数も増えていきますのでどうしても費用は割高になります。

一方で、間取りは自由に変えられますし、老朽化した配管、電気配線などを全てなおすことができます。

必要があれば床、壁、天井に断熱材をいれてつくりなおすこともできます。

長く住んでいく上で「自由」かつ「安心」な住まいになることが最大のメリットです。

<解体後写真 完全スケルトン>

↑いかにもリノベ!という感じの解体後写真ですね。内装がキレイになくなって文字通り「コンクリートの箱」になっています。

と、ここまでは多くのリノベーション関連のサイトや本で謳われている内容なので、ご存知の方も多いことでしょう。

私たちもリノベーションについては費用以上にまず「長く住まわれる上での安心」を確保できるように、目に見えない箇所についてもできる限り新しくしてしまうようにお薦めしています。

 

③ 「セミスケルトンリノベーション」
目に見えるところは全て新しく+目に見えないところは必要に応じて「柔軟に」新しく
→お住まいの内装をほぼ「コンクリートの箱」状態にそれでもクロスやフローリングをはがしたあとの「壁の下地」や「床の下地」については様々な条件に応じてそのまま使えるものかどうかを判断。
電気配線や給排水管など重要な部分についてはしっかりと更新。
そのため、間取りも「変えたいところ」は一新、住宅設備機器のみならず、配管や電気配線はしっかりと新品になります。

これがいわば「セミスケルトンリノベーション」。

内装も間取りも一新されているように見えるのですが、細かいところに「そのまま使えるか全てとりかえるか」といった判断を重ねているものです。

<解体後写真>一部残しているもの

↑この写真は「セミスケルトン」です。壁下地が少し残っているのが見えますね。

 

2. リノベーションにメリハリを!本物のプロにしかできない「セミスケルトンリノベーション」とは


>リノベーション事例「高さで繋ぐ。」|リノまま

多くのお客様がリノベーションお打合せの後、夢が膨らみすぎたゆえのご予算オーバーに頭を悩ませます。

悩むのは私たちリノままの設計士も同じです。

リノベーションで最も大切なのは「暮らしのコンセプト」と「無理のない資金計画」です。

どちらが欠けても満足のいくリノベーションは実現できません。

なので、限られたご予算の中で、できるかぎり「こんな暮らしがしたい!」「こんな住まいにしたい!」といったご要望を実現するようにしたい。

だからこそ、それぞれのご要望と対象のお住まいにあわせて、「お金をかけるところ」「節約するところ」のメリハリをつけなければなりません。

 

そんなとき、リノままの設計士がお客様の多くにご提案しているのが「セミスケルトンリノベーション」。

リノベーションを進める上での「安心」はとても大切ですが、なんでもかんでもスケルトンリノベーションにしてしまうのが必ずしも正解ではありません。

もちろん、配管や電気配線といった見えないところでもしっかりと新品に交換が必要なところは今後のために対応していきます。

が、壁下地や、二重床の下地部分については、それぞれのお住まいの今の状態をみた上で、「全て壊してつくりなおすべき」か「そのまま既存のものを活用して費用をおさえるべき」か、を個別に判断していきます。

 

そうすることで、リノベ費の膨張をおさえながら、優先すべき内容に予算を割いていくことができるようになります。

もちろんこういった形で下地を再利用したお住まいでも目に見えるところは全て新しくなっているので、見た目は新品同様になります。

ただどんな物件でも費用削減「だけ」を考えて床下地や壁下地を再利用しようとするとその後の暮らしにリスクを抱えてしまうことも多々あります。

 

床下地、壁下地といったものを再利用すべきかどうか、は物件ごとに状況を細かく見ながらでないと判断できません。

そのため、現地調査のときにどのくらいしっかり見ておくか、が極めて重要です。

リノままでは主に以下のようなポイントで「本当に再利用して費用をおさえてよいか」を見極めていきます。

・築年数が極端に古くないか
→さすがに築40年、50年といったマンションではじめて大規模なリノベをする、といった際は完全にスケルトンにした方がよいです。が、多くの方がリノベーションを検討される築20~30年くらいのマンションでは壁の下地はそのまま使える状態であることが多いです。

・結露していないか
→よく子供部屋として使われる北側のお部屋はどうしても結露しやすいもの。リノベ前の状態で壁紙にカビがはえていたり、クロスを少しはがしてみたときに下地にカビがはえていたり、といった場合は当然ながら下地から全てやり直します。

・リノベーション後のプランがどうなっているか
→リノベ後に特に棚や造作家具などを取り付ける予定がない壁であれば、下地を新たにつくる必要もなく、元の下地を再利用することも検討できます。このほか、電気配線やインターホンの設置個所なども想定したときに、特に影響がない箇所であれば再利用は可能です。

・リノベ前の状態で二重床になっているか
→多くの方がリノベーションをきっかけに床を二重床にします。その際、リノベ前から二重床になっているマンションもたまにあります。これらはだいたい築20年程度以内の建物なので、床の下地については全てやり直す必要がないケースもしばしばあります。

上記は一例ですが、こんな風に、「リノベ後にどんな状態にするか」「リノベ前の今の時点でどういう状態になっているか」の両方が見極められる、リノベーションのプロだからこそできる「セミスケルトンリノベーション」。

うまくメリハリをつけるとリノベーション費用が100万円以上変わってくることもあります。

決して安い買い物ではないリノベーションを成功させるために、工事の中身にメリハリをつける高度なテクニックです。


≪リノベーション事例≫

◎“家族思い”な快適ハウス

◎愛猫と気ままな暮らし

◎“白”のパズル


 

3.まとめ


>リノベーション事例「made of wood」|リノまま

ひとことで「フルリノベーション」といっても、内容を細かく確認すると「表層リノベーション」の場合もあれば「スケルトンリノベーション」の場合もあります。

でもこの両極だけでなく、実際のお住まいの状態をみつつ、活かせるものを利用する、という「セミスケルトンリノベーション」という方法もあります。

だって、リノベーションだからといって何でもかんでも壊して捨ててしまうのって、エコじゃない。

もったいなくないですか?

リノベーションを検討する際には、限られた予算を有効に活用するためにも、こういった提案の引き出しが豊富な会社を選んでみてはいかがでしょうか?

もちろん私たちリノままも皆様をお待ちしております!!

 


関連記事

〇コロナ禍での住まい探しはコスパが重要!?「リノベーション済み中古マンション」+「部分リノベ」でメリハリをつけよう!

コロナ禍とはいえ中古マンションは高い!
でも将来も不安だからあんまり高い住まいは買いたくない。
それでもおうち時間が長いから居心地のいい住まいが欲しい。
そんな環境だからコスパが最高の「リノベ済み中古マンション+部分リノベ」にご注目!

〇在宅ワークがはかどる!コロナ禍以降のワークスペースの作り方とは?

在宅ワークに必要なのは、リビングにあるワークスペース?
それとも完全個室の書斎?!
お客様が今どのようなワークスペースを求めているか、
現在進行形のお客様のリノベーション事例を通して
最新のリノベアイデアをお伝えしていきたいと思います。

〇どこみても同じに見える!リノベ会社ってどうやって選ぶ??

リノベ会社ってどんなサイトみてもどこも同じに見える!
どうやって選べばいいかわからない!
そんなあなたに会社選びのヒントをこっそりお知らせします。

 

CONTACT

リノままのウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
リノベーション、サービスに関するお問い合わせはメールまたはお電話にてお問合わせください。
  • 相談してみる(無料)
  • 0120-992-155

page top